img14

自分の事業に失敗して破産した私の場合と人生の再起

私は現在37歳のサラリーマンです。

30歳の頃から父親の家業を手伝う事となり、本格的に後継者としての道を歩んでいく事となりました。最近では大変多くの方が自分の目的を持って自分のビジネスを行っています。ビジネスを自分自身で行っていく事は大変重要な事となります。私は先代である父親が作った会社を更に安定した会社を更に大きく成長させる事を考えていきました。しかし、会社の経営は非常に大変です
様々な時代や外部環境の変化に翻弄される事が多いので、常に自分らしい仕事を頑張っていく事が大変重要な事となるのです。日頃からいかに素敵な自分を楽しんでいく事が大変重要な事となるのです。

個人事業主は家や自分の資産を担保に入れて仕事を行っていく事が大変多いのです。

自分の資産と会社の資産を管理する事は大変重要です。両者の区分が明確でなくなるという点でも非常に曖昧な部分が大変多いので、その点に関しては十分な注意が必要となるのです。普段から自分のビジネスを行いながら適切な資産管理を行っていく事が大変重要な事となるのです。私の会社も時代の流れについていけずに最終的には自主廃業の道を選ぶ事となりました。金融機関等からの負債総額を含めて約3億円前後になったと記憶しています。

会社と個人双方での負債の整理が必要となったので、その点からしても大変多くの負担や手間がかかったのを覚えています。

大きな案件でしたので、まずは会社の精算を先に行っていきました。それが終わった後で自分の財産に関して適切な配分等を行って整理を行っていく事を考えるようになりました。さすがに債権者やその金額の大きさからしても簡単に片付く案件ではないので、その点からしても大変多くの時間を要する事となりました。素敵な自分を楽しんでいく事で収入を得て楽しんでいくのが人生ですが、自分でビジネスを行なう事は同時に大変多くの苦労をする事にもなります。

毎月の返済に追われる生活は大変な事となります。

素晴らしい人生を生きる為には金銭は大変重要な事ですが、やはり、金銭に関しては大変大きな問題となりますので、大変な思いをする事が多くなってくるのです。債務整理は人生の終わりではありません。、その点を考えて人生の再起をかけるタイミングを真剣に考えてはいかがでしょうか。仕事を頑張る事で新たな人生をどんどん楽しんでいく事が可能となるのです。収入は人生において大変重要な要因となるのです。