img10

市県民税消費者金融の狭間にて

たかだか月ウン万円と思っていました

今でも正直なところ、何故借金することを選んでしまったのか後悔していますが、借りるときはあっさりでした。
元々、モビットから借入額50万円までの枠があったのですが、一度は完済していたため今回の借入の際にモビットからの提案にて100万円まで枠が広がったんです。
ただ、後述の理由にて目一杯借入を行うこととなるのですが、現状では地道に返してきた1年を過ぎても全然減っていません。これがリボ払いの恐ろしいところで金利18%ではありますが、毎月の返済額2万6千円を支払っても、毎月の元金が全然減らないのです。
今のところ滞納はありませんが、毎月の返済額の半分以下しか元金に充てられられない現実は恐怖です。
申し込みはスマホからできて審査さえ通ってしまえば後は後日送られてくる書面に記入をして返送するだけだというので、気持ちが楽になったので判断がおかしくなっていたのだと思います。

重なる出費と甘くみていた現実

当時、FXで生活したいと本気で思っていて、勉強もかなりしましたが、性格柄、無駄に取引をしては損失をだしていたため、家賃の支払いが滞ってしまいました。
頑張って働いて月23万程度の派遣社員で、4ヶ月分の家賃滞納だったので何とかなりそうな額ではあったのですが、近く、更新費を控えていたためその額を合わせるととても一括で支払える金額ではなかったため窮地に追い込まれた状況でした。
大家さんが家賃の分納を了承してくれなかったのです。
ちょうどその頃、家族の一人が出産をしたばかりで、家族と世帯を別としての手続きをしていたなどの関係もあり、家族から借りることもできず、仕方なく借金を背負うこととしました。

追い討ちをかけるような市県民税の督促

家族とは仲はいいものの、裕福ではないため家賃のみ私が払って世帯は別としてはいますが、私個人の毎月の返済が重くのしかかっている上に、市県民税の支払いについても滞納していたものを支払いを同時に迫られるようになったため、市役所と相談していました。
役所からは「借金してる余裕があなら、税金納めてくださいよ!」ときつく言われており、時には「もう借金返さなくていいと思いますよ。こっちが優先だし」と、自己破産や債務整理を匂わすことをちょくちょく言われていました。

無計画に借金はすべきはないと感じた、毎日の節約生活

今もまだ全然借入分は減っていませんが、各月で上手くジャンプしている感じです。
詳しく言うと、今月はモビットからの借入分を返し、役所に連絡して今月は支払いを待ってくれと。次月はモビットには返済をしっかりしますが、返済後にすぐに借入枠いっぱいまで借りて税金の支払いに充てる。
全く何もやらないよりは全然ましなのですが、毎月の生活費がギリギリなので精神的にキツイです。
各債務は少しずつ減ってはいるものの、完済という未来が遠すぎるので、お昼ご飯のランクを落として数百円を毎日貯金したり、飲みの誘いはほぼ全て断っています。
あと、一応勉強は真面目にしたので、絶対に勝てるという自信のある時だけ少額でFX取引をして数百円を稼ぐ毎日です。

無知な私に債務整理は必要なかったのか

債務整理を正直考えました。もしくは自己破産。
ただ、お金がないなりに頑張ってみようと思いまして、法テラスで相談したんです。
そしたら笑われたというか、あっさりと「別に自己破産とか債務整理するような額じゃないし、市県民税の滞納は良くない事だけど、相談できない額じゃない」とアドバイスを受けました。
一括納付を迫られていた市県民税ですが、役所の担当者に事情を話したところ、毎月の分納額を減らしてくれました。基本は一括納付だそうですが、真剣に話したところ、譲歩してくれたところもあったようで、毎月の支払額をへらしてくれたのです。